天才!志村どうぶつ園|仏壇の前に座り続ける柴犬…5年間も?12/14

【天才!志村どうぶつ園|仏壇の前に座り続ける柴犬…5年間も?12/14】

翌週放送予定の「天才!志村どうぶつ園|仏壇の前に座り続ける柴犬…5年間も?」

毎週可愛い動物たちが登場し、素敵な感動エピソードをお届けしている天才!志村どうぶつ園!

今回の放送は、2時間スペシャル!亡くなった飼い主の仏壇の前に5年間座り続ける柴犬のエピソードにスタジオ涙です(;;)

ということで今回は、

仏壇の前に座り続ける柴犬

について詳しく見ていきたいと思います!

スポンサーリンク




天才!志村どうぶつ園|仏壇の前に座り続ける柴犬って

今回番組で紹介されるエピソードは仏壇の前に5年間も座り続ける柴犬のお話です。

飼い主が5年前に亡くなったようなのですが、いまだに仏壇の前に座り続けている柴犬のようです。

飼い主が生前の頃は、さぞ優しく面倒をみて貰っていたんでしょうね…、絆を感じます。

5年も仏壇の前に座り続けるにはやはり何かしら感じているものがあるのではないかと思います。

柴犬も我々と同じ動物ですので、飼い主がなくなったことを理解し、悲しみを感じ、寂しく思っているのではないでしょうか?

そこで今回は飼い主が亡くなった際に柴犬がどれだけ理解し、感情を抱いているのか、一般的な見解を調べてみようと思います。

スポンサーリンク




天才!志村どうぶつ園|柴犬は飼い主が亡くなったことを理解できる?

今回のエピソードはとても素敵でおそらく感動して涙が出てしまうのではないかと思います。

待ち続ける柴犬は飼い主が亡くなったことを理解して悲しんでいるのでしょうか?

それとも、飼い主は戻ってくると信じて今尚待ち続けているのでしょうか?

こちらを一般的な生物学で調べた所、犬が飼い主の死を認識するかどうかは、その時の状況によるようです。

例えば犬の目の前で飼い主が亡くなった際には、異常事態を感じ取ることはできます。

しかし、病室で亡くなったとあれば、判断するのは難しそうです。

その中でも、5年間絆で結ばれた飼い主に会えない状況とあれば、今回の柴犬も理解している部分があるのではないかと思います。

飼い主と犬との関係性によって犬の悲しみ方は変化するようです。

悲しみを感じるかどうかに関しては間違いなく感じているでしょう。

今後の暮らしを少しでも幸せに生きて欲しいですね。

スポンサーリンク




天才!志村どうぶつ園|仏壇の前に座り続ける柴犬…5年間も?」のまとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、仏壇の前に座り続ける柴犬のお話から、
柴犬は飼い主の死に対してどこまで理解できるのかについてご紹介させて頂きました。

今回のエピソードもとても感動できそうなので、12/14の天才!志村どうぶつ園は見逃せないですね!
またオススメの情報があればご紹介させて頂こうと思います!

 

 

TV番組

Posted by sirokuma